Anju

坂井市H様邸

家族の未来を考え抜いた、広々リビングの家。

シャープな直線のシルエットが、真っ白な外観の美しさを際立たせているHさん邸。
間口が広い真っ白な外壁に、黒の窓枠を組み合わせたモダンスタイルの外観デザイン。コンクリートに空いた丸い部分には、シンボルツリーを植える予定です。アプローチは、お施主様こだわりの奥行き感を演出するデザインです。家族の未来を支えるマイホームが完成しました。

家への想い

ryoen2_001+-
ゆったりくつろげるから、「帰るのが楽しみな家」と話すH様。じっくり時間をかけながらマイホームを計画したHさん夫妻の心を捉えたのはリョーエンホームの家の森展示場でした。「制震・耐震装置『X-WALL』も決め手になりましたね」と夫妻は話します。

将来の同居に備えた設計

お母さまとの同居に備えた予備室や仏間にもできる収納など、とことん考え抜いた設計で、この先の暮らしの変化に寄り添います。

ryoen2_004 360×240
ryoen2_001 360×240

広々とした明るい空間のリビング

「シンプルで明るい空間にしたい」というリクエストに応え、約25畳のLDKは淡いカラーでコーディネート。スタディースペースにもなるダイニングのカウンターは、モデムやケーブル類をボックスで隠し、音楽好きなご主人のウクレレを飾っています。

こだわりのポイント

ryoen2_002 300×200

1.シャープな直線のシルエットの外観

外観は真っ白な外壁に、黒の窓枠を組み合わせたモダンスタイル。玄関まわりはタイル調の外壁をあしらい格調高く。アプローチのデザインも、奥行を感を演出しています。

ryoen2_001--

2.シンプルで明るい空間のLDK

約25畳のLDKは、キッチンから全体が見渡せ、子育て中の家族にやさしいレイアウト。ダイニングからはテレビが見えない配置にし、食事中は家族の会話を大切にしています。

ryoen2_004 300×200 LDK2

3.家族の変化に対応できるLDK

リビングの一角に設けた畳コーナーはお子さんのお昼寝や遊びのスペースに。奥には将来、お母さまと同居できるよう、予備室を設け、家族の変化に対応できる設計としています。

ryoen2_005 300×451 サンルーム

4.一直線につながる家事動線

サンルーム、洗面脱衣室、バスルームが一直線につながり、家事動線もスムーズです。洗濯機が置けるサンルームはキッチンへのアクセスもよく、家事効率もアップしています。

ryoen2_003 300×451玄関

5.収納が魅力の玄関

玄関脇にはたっぷりの収納スペースを。かさばるレインシューズやバッグ等もすっきり収納。白壁のニッチ棚はカラフルなハーバリウムなどを飾っておもてなしの演出を。

家づくり体験談

sukejuru+
子どもの出産を機に
Q.家づくりのきっかけは?

子どもを出産し、まだ子育てに手が掛かりマンションが手狭になったため、マイホームを計画しました。

Q.リョーエンホームに決めた理由は?

デザインの良さはもちろん、家事がしやすい動線も、まだ子育てに手がかかる私たちには魅力的でした。リョーエンホームさんの耐震・制震装置「X-WALL」が、地震に強いというのも決め手になりましたね。

Q.商談の中でどんな点に注意しましたか?

広々とした明るい空間で暮らしたいという私たちの思いに寄り添い、イメージぴったりのプランを提案してくれました。母との同居に備えた予備室や仏間にもできる収納など、とことん考え抜いた設計で、この先の暮らしの変化にも寄り添ってくれます。

Q.失敗しない鉄則は?

想いを全て形にしてもらえました。ゆったりくつろげる伸びやかなリビングなど、帰るのが楽しみな家がうれしいですね。

Q.アドバイスは?

じっくり時間をかけながらマイホームを計画する事です。