Anju

越前市M様邸

大好きなデザインに囲まれる、クイーン・アンの家。

真っ白で統一された、塗り壁とコラム柱や出窓の装飾、多角形に張り出したデザインなど、洋館スタイルの住まいがひときわ個性的なMさま邸です。「家づくりは人生で一度のビックイベント。できるなら、大好きな英国洋館をモチーフにした住まいを建てたいと思っていましたが、予算の兼ね合いから難しいかなと悩んでいた」と夫妻。「私たちに任せてください」と頼もしいメッセージを送ったのが、リョーエンホームでした。
Mさん邸は玄関を開けると、2階までの吹き抜けが伸びやかな玄関ホールを中心に、伝統の八角形の塔型リビングが再現されています。細部までこだわりながら、思い描いていた住まいの世界観をつくり上げていきました。

家への想い

ryoen002_--
英国洋館スタイルが、住宅街でひときわ個性的なMさん邸。「屋根勾配にもこだわり、その思いにリョーエンホームさんが応えてくれました」と夫妻。「私たちの思いを、リョーエンホームさんがチーム一丸で取り組んでくれたおかげです。理想のデザイン住宅ができ、心から感謝しています」。夫妻はとびきりの笑顔でこう話します。

エレガントな2階ホール

夫妻お気に入りの2階ホールは、壁に燭台を飾り洋館デザインを引き立てています。階段のアーチや壁を飾る燭台、シャンデリアなどは、夫妻がインターネットなどで調達しました。

ryoen1_005-
ryoen1_006-

忙しい夫妻を応援する、独自の家事楽動線

暮らしやすさにもこだわったMさん邸。お気に入りは、リョーエンホームならではの”家事楽動線”。脱衣場から洗濯物を棚に入れると、写真奥の洗濯スペースへ。「毎日の家事がとっても楽々です」と奥さま。

こだわりのポイント

ryoen1_004-

1.雰囲気が出る時計をポイントに

リビングとつながる、独立型のダイニングキッチンは真っ白で統一。アールの下がり壁など、伝統のデザインを随所に再現しています。

ryoen1_001-+

2.おもてなしの場所

家の中心は、リビングとつながる玄関ホール。天井高5.4メートルの吹き抜けが広がり、英国風洋館様式のデザインがゲストを迎えます。2階にいても来客や家族の出入りがわかり、吹き抜け越しに家族がつながる空間です。

IMG_9250-

3.花柄のクロスで個性を演出

「高級感のある花柄のクロスや壁に設けたニッチなど、お気に入りの空間になりました」とご夫妻。照明も華やかな雰囲気を醸し出しています。

ryoen1_003-

4.輸入住宅のような雰囲気

英国の伝統的な八角形の塔型リビングに、夫妻お気に入りのクラシカルな家具が調和した空間です。

家づくり体験談

sukejuru
頼もしい担当者との出会い。
Q.家づくりのきっかけは?

「結婚を機に、家づくりを考えました。家の森展示場を見に行ったり、ハウスナリーを読んで情報収集をしました」

Q.リョーエンホームに決めた理由は?

「信頼できる営業担当者に出会ったからです」

後悔しない家づくり
Q.資金はどのように準備しましたか?

「銀行にて準備しました。理想のプランで予算内に収まる様に相談しました」

Q.商談の中でどんな点に注意しましたか?

「注意したことは、楽しく打ち合わせが出来ることです。主人が主導での家づくりでしたが、なるべく独断にならないように進めていきました」

Q.失敗しない鉄則は?

「自分達の想いを伝えながら、担当者のアドバイスにも素直に耳を傾ける事です」

Q.アドバイスは?

「カタログをじっくりと読み込んでください。内覧会にも足を運び、沢山の家を体感してください」