Anju

坂井市Y様邸

家事動線を重視した、ストレスのない家

真っ白な壁と床に囲まれ、華やかな雰囲気のリビング&キッチン。人工大理石風の床材を家全体に採用しました。ホテル風のインテリアにしたいというご主人の夢を叶えた、高級感のある空間です。「友人を家に招く機会が増えました」と奥様。ご主人も家で過ごす時間が楽しくなったと誇らしげです。部屋に閉じ込めがちだった愛犬も、広いLDKを設けたことで伸び伸びと駆け回れるようになりました。家族のストレスを解消した、くつろげる住まいです。
周囲の景観に溶け込むように配慮された、モダンな外観。もともとあった和風の庭に馴染むよう、デザインされています。風通しや日当りを良くするために、南面を広くとるように東西に長い間口で建てられました。伸びやかな大屋根が特徴的な、堂々とした佇まいです。

家への想い

リョーエンの施工例
母屋と農作業小屋がつながり、田の字型の和室がある典型的な農家だったY様邸。茶の間と台所が分かれ、洗濯場が屋外にある、家事動線の悪い間取りが奥様の悩みの種でした。「建て替えるなら、家事動線がスムーズで使いやすい間取りにしたかった」と奥様。使い勝手の悪さを解消した、ストレスの少ない家づくりを目指しました。

洗濯が楽しくなる、家事楽動線

家事動線を短くするために、水回りをひとつにまとめ回廊型の間取りにしました。キッチン横に洗濯スペースを配置し、室内に干場も確保。「天気が悪い日はいつも洗濯干しに困っていましたが、今は蓄暖熱ですぐに乾くので楽ですよ」と奥様もご機嫌です。

リョーエンの施工例
リョーエンの施工例

丸アール状のコントラストが粋なモダン和室

玄関からそのまま出入りできる10畳の和室は、間口も広くて開放的。アール状の下がり壁が、モダンでおしゃれな印象を与えています。ご主人のアイデアで、お仏壇横にご先祖の遺影を飾る祭壇を設けました。

こだわりのポイント

1.ご主人自慢のアクアリウムでお出迎え

熱帯魚が泳ぐ大きな水槽が目に飛び込んでくるオシャレな玄関。ご主人の希望で真正面に設置しました。今ではすっかりアクアリウム観賞が趣味となったご主人。熱帯魚に餌をあげることが楽しくて、帰宅後もしばらく玄関でくつろいでいるそうです。

2.家族の顔が見えるキッチン&リビング

以前は台所と居間が分かれていたため、食事の後片付けをひとりで黙々とこなしていた奥様。新しいキッチンには、家族の顔を見ながら洗い物ができる対面キッチンを希望されました。会話が増えただけでなく、家族が家事に積極的になったそうです。

3.老後を見すえた、南向きの明るい寝室

「老後になっても、いつでも明るい陽射しを感じられる空間で過ごしたい」という想いから、ご夫婦の寝室は1階の南側につくりました。外からの陽射しが差し込む明るい寝室は、気持ちも明るくさせてくれます。

4.第一印象を決める玄関は、すっきり広く。

お客さまを出迎える場所だから、玄関は広くてすっきりさせたい。Y様の要望を実現するために、家族専用の脇玄関を設けて大きな収納スペースを確保しました。家族の靴やコート類の置場を定めて、メイン玄関のきれいさを保ちます。

間取り図

間取り図

家づくり体験談

家づくりのスケジュール
納得がいくまで、とことん話し合う。
Q.家づくりのきっかけは?

母屋と農作業小屋が繋がっている築50年の純和風の家に住んでいました。老朽化が進み、すきま風が入るので冬は寒く、以前から建て替えを考えていました。昨年9月の台風で茶の間が雨漏りしたことが、大きなきっかけとなりました。

Q.リョーエンホームに決めた理由は?

最初は私(奥様)だけで展示場を見て回り、他社にも間取りを作ってもらいました。そのなかで家族の要望が一番反映された間取りが、リョーエンホームのものだったのです。私たちの理想の家を建てていただけると思いました。最初は乗り気ではなかった主人も、徐々に間取りや展示場を見て気に入り、積極的になっていきました。

自己資金と借入です。
Q.資金はどのように準備しましたか?

私たち夫婦は50代の共働き夫婦。年金生活になる前にローン返済できるように計画しました。その点も相談に乗ってもらい、助かりました。

Q.商談の中でどんな点に注意しましたか?

耐震に強い家にしたいという主人の要望があったので、予算内で実現できるように注意しました。

Q.失敗しない鉄則は?

分からないままにしないこと。主人の仕事柄、専門的なことを細かいところまで突っ込んで質問しました。その都度、営業、設計、工事、ICの方の素早い対応があり、早期の問題解決をする事により、満足のいく仕上がりになりました。

Q.アドバイスは?

いろいろな展示場を見て回り、良いと思ったところを参考にすればいいと思います。自分たちが建てたい家を、担当の営業、設計士、現場監督に細かく伝えることが大切です。希望を明確にして、きちんと伝えてください。