リョーエン社員研修☆

先日はリョーエンホーム本社にて

恒例となっている社員研修が行われました☆

今日は、主に測量機器の使用法、現地チェックするポイント、注意点等を

営業・設計チームの皆で聞きました。

□」

測量とは、建物を新築する際に以下のことを決定する為のものです。

●土地の高低差

●真北の調査

●擁壁(ようへき)の有無

●外構のプラン

●塀の高さ

●階段のプラン

工事部部長の下田が測量機器の使用方法を教えました。

機器を使って目視でレベル(高さ)の計測をします。

まずは2名1組で測る方法です。

機器の水平器の気泡を中心に来るようにして、水平ラインを保って計測します。

土地のレベルを測ることによって、道路に対して敷地が傾斜状になっている場合に

GL(グランドライン)をどうするか決めることができます。

こちらは設計部 新人の齊藤です。

とってもフレッシュですね(*^_^*)

今度は機器を交換します。

こちらはレーザー方式ですので、1名で測る場合はこちらを使用します。

以上、社員研修でした^^

これからもお客様の為に、日々努力と勉強を惜しまず頑張りたいと思います。

新築に関する事、不動産に関する事 何でもご相談下さい。

リョーエンホームスタッフ一同、お待ちしておりますm(__)m

↓ ↓ お問い合わせ先 ↓ ↓

TEL.0776-57-1500

↓ ↓ 資料請求はこちら ↓  ↓

http://www.ryoen.co.jp/request/