木造の住まい

木造住宅「特徴・工法」

木造住宅「特徴」

快適性はもちろん、永く愛される木の家が実現しました。
家族を包み込む、強くてしなやかな木の温もり。これまでのイメージが変わる、進化した木造住宅です。

01.北陸にあった省エネ住宅

木造在来にパネルを取り入れたRP工法(リョーエンパネル工法)は、じめじめとした福井の気候に対応したパネル工法です。外側断熱耐震パネルが、結露や湿気に強い家を実現。家が長持ちします。また、次世代省エネ基準もクリア。気密性・断熱性に優れているので、夏は涼しく冬は暖か。光熱費をおさえます。

サラリ快適、だから長持ち

福井の気候は多湿度なので、家を建てる時には湿気や結露に気を配ることが重要です。外側に断熱パネルを配置することで、結露を防止。長年にわたりカビや腐敗菌による腐食を防ぐので、快適な湿度を保ちながら、家を長持ちさせます。

地球にも家計にも優しい家

気密性・断熱性に優れているため、1年中快適な室温・湿度を保ちます。一度暖めた空気を外に逃さず、夏は冷房効果も抜群。電気代をおさえてくれる、家計にも地球にも優しい省エネ住宅です。

02.地震が起きても慌てない。
真の意味で地震に強い家

現在の耐震基準は、震度6の地震1回に限り倒壊しないというもの。つまり耐震という考え方では、余震のたびに破壊が進行し、倒壊する恐れがあります。耐震に制震という考えをプラスしたジーバ工法なら、余震がきても安心。揺れを繰り返す地震でも、被害を最小限におさえることができます。

揺れにブレーキをかける「制振」の技術

地震対策技術で最も一般的な「耐震」は、「地震の力」に「建物の力」で耐えようとするので、受ける衝撃は大きくなります。そのため余震のたびに破壊が進行し、倒壊する恐れも。一方「制震」とは、地震を熱エネルギーに変換する技術。熱として消費することで、揺れを半減させます。

震災後も住み続けられる家

エネルギー吸収システムGVAが地震エネルギーの50%以上を吸収し、揺れを半減。連続する地震でも損傷を最小限に抑え、大地震後もわずかな補修だけで住み続けられます。また、ローコストで、取付け後の定期点検も不要。これこそが、地震に強い家なのです。

木造住宅「工法」

木の優しさはそのままに、心地よさを次世代へ。
丈夫で長持ちさせるための最新技術が、より住み心地のよい空間を生み出しました。在来工法+αで実現した、新時代の木造工法です。

自信の地震保証20年

エクスウォール

1.耐震の強さ

X-WALLはガッチリと強く、剛性があり、初期変形を起こしにくい構造です。
国土交通大臣認定・壁倍率3.4倍という高い耐震性があります。
X型に設置した鋼製アームと復元力間柱によって発揮されます。

2.復元力(粘り)の強さ

「復元力」とは、変形しても損傷せずに元に戻ろうとする効果のことです。
X-WALLが建物全体に復元力を付加し、大地震時でも元に戻り、残留変形を軽減します。復元力間柱のしなりによって発揮されます。

3.制震の強さ

「制震」とは、振動を吸収し、ブレーキをかけて抑える効果のことです。
X-WALLが揺れの吸収力を高め建物をより強くします。
復元力間柱と、大変形時にはリスト部分が揺れを抑え続けます。

X-WALL

振動を受けた時の比較

X-WALLは「復元力間柱」の働きによって、振動を受けた後も元の形を維持します。
構造用合板、タスキ筋交に見られる振動を受けた後の残留変形が残りにくい構造になっています。

X-WALLの場合

振動時も、復元力間柱がしなやかに粘り強さを発揮。
残留変形が抑制できます。

X-WALL

構造用合板の場合

合板のクギが損傷し、元々持っていた耐力を失います。
残留変形が残ることがあります。

X-WALL

タスキ筋交いの場合

筋交いが折れたり、固定部のビスが抜けたりします。
残留変形が残ることがあります。

X-WALL

〈耐震〉〈復元力〉効果の比較

それぞれ実線の領域が復元性を持つ領域です。点線の領域まで達すると損傷してしまい、そのあと元の形状に戻ったとしても、低下した耐力は元に戻りません。
X-WALLが大きな変形時にも復元力を発揮できることがわかります。

※動的加振実験を行った結果です。※試験体高さ2,750mm〈ヨコ軸〉
揺れ幅〈タテ軸〉発揮した力〈実線の範囲〉復元性を表します。

X-WALL

〈制震〉によるブレーキ効果の比較

揺れを止めようとするブレーキ効果を表しています。
X-WALLの高いブレーキ効果が分かります。

※「X-WALL」と「合板」「タスキ筋交い」の壁を単体で動的加振試験を行った際の、「等価粘性減衰定数」を表しています。
〈ヨコ軸〉揺れ幅〈タテ軸〉減衰定数

X-WALL

★ X-WALLの効果が分かる実験のDVDもございますのでぜひご覧下さい。

Anju 8のポイント

❶ 強固なベタ基礎

強固なベタ基礎

建物下の地盤全体に鉄筋を配筋し、そこにコンクリートを流し込んで作る基礎。鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの強い衝撃を効果的に地盤へ逃がす事ができます。

❷ 床下換気

床下換気

基礎と土台の間に通風が出来るパッキンを挟み、床下を換気します。建物全周が換気口になる為、湿気がこもりやすいコーナー部分の換気ムラがなくなり、従来の基礎通風口のように基礎に負担をかけることがありません。

❸ 通気工法

通気工法

外壁と断熱材の間に空気が通る層(通気層)を設け、壁内の水蒸気を外に放出しやすいよう透湿防水シートを貼る工法です。建物の内外から出る湿気を壁の中に閉じ込めないので、壁の中が乾燥し、建物を長持ちさせることが出来る。

❹ 構造用集成材

構造用集成材

木材を再構成して作られる木質材料。天然の木材よりも強度のばらつきが小さい。通常の木材では得られない大きな断面のもの、湾曲した形状のものを作ることが出来、乾燥による変形や割れ等の狂いが生じにくいため、無垢材よりも安定している。

❺ 剛床工法

剛床工法

水平方向の揺れにも強くするため、床には24ミリの構造用合板の下に910ミリのピッチで集成材の梁を格子状に張り巡らせる強い剛床構造を1階、2階ともに採用しています。ひずみや横揺れに対する強度を高め、地震や台風に強い家になります。

❻ 高品質・高性能外壁 16mm/セル フクリーニング

高品質・高性能外壁 16mm/セル フクリーニング

外壁は美しく、強く、それが長持ちしてほしい。セルフクリーニング機能付外壁なら汚れを寄せつけにくく、汚れが落ちやすい。厚みのある16mm外壁を採用することで、デザイン性、断熱性がより高まります。

❼ プレセッター金物

プレセッター金物

柱の断面欠損を最小限に抑え、強度を確保。家の骨格となる構造部の強度をいつまでも低下させない為、新時代の高度な家づくりに欠かせない金物工法です。

❽ 次世代省エネ5.6地域対応(北陸 地区)

次世代省エネ5.6地域対応(北陸 地区)

省エネ・断熱性の重要な目安となっている次世代省エネ基準。温暖な地域よりも厳しい北陸地区の基準にも対応しました。

Aiel 11のポイント

❶ 高性能耐震断熱パネル -最高レベルの断熱材-

高性能耐震断熱パネル -最高レベルの断熱材-

繰り返しの揺れに効果!!柱と柱の間に設置する壁内構造を採用。柱の外に合板をクギで打ち付けるだけの壁外構造(従来のパネル工法)に比べて柔軟性があり、繰り返しの余震があっても安心です。

❷ 強固なベタ基礎

強固なベタ基礎

建物下の地盤全体に鉄筋を配筋し、そこにコンクリートを流し込んで作る基礎。鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの強い衝撃を効果的に地盤へ逃がす事ができます。

❸ 剛床工法

剛床工法

水平方向の揺れにも強くするため、床には24ミリの構造用合板の下に910ミリのピッチで集成材の梁を格子状に張り巡らせる強い剛床構造を1階、2階ともに採用しています。ひずみや横揺れに対する強度を高め、地震や台風に強い家になります。

❹ 24時間計画換気システム(第1種 換気)-フィルター:花粉・PM2.5対応-

24時間計画換気システム(第1種 換気)-フィルター:花粉・PM2.5対 応-

機械による強制吸気・排気を行う自動換気システム。室内の温度、湿度を調節するだけでなく、空気をきれいに保ちます。

❺ 床下換気

床下換気

基礎と土台の間に通風が出来るパッキンを挟み、床下を換気します。建物全周が換気口になる為、湿気がこもりやすいコーナー部分の換気ムラがなくなり、従来の基礎通風口のように基礎に負担をかけることがありません。

❻ 通気工法

通気工法

外壁と断熱材の間に空気が通る層(通気層)を設け、壁内の水蒸気を外に放出しやすいよう透湿防水シートを貼る工法です。建物の内外から出る湿気を壁の中に閉じ込めないので、壁の中が乾燥し、建物を長持ちさせることが出来る。

❼ 構造用集成材

構造用集成材

木材を再構成して作られる木質材料。天然の木材よりも強度のばらつきが小さい。通常の木材では得られない大きな断面のもの、湾曲した形状のものを作ることが出来、乾燥による変形や割れ等の狂いが生じにくいため、無垢材よりも安定している。

❽ 高品質・高性能外壁 16mm/セル フクリーニング

高品質・高性能外壁 16mm/セルフクリーニング

外壁は美しく、強く、それが長持ちしてほしい。セルフクリーニング機能付外壁なら汚れを寄せつけにくく、汚れが落ちやすい。厚みのある16mm外壁を採用することで、デザイン性、断熱性がより高まります。

❾ エコカラット

エコカラット

空気をきれいにするタイル「エコカラット」。室内湿度が高くなると湿気を吸収して湿度を下げ、湿度が高くなると湿気を放出して潤いを与えます。

❿ LED照明

LED照明

白熱電灯や蛍光灯と比べ消費電力が大幅に少ないLED照明。寿命も長く、メンテナンスの手間も大幅に低減します。

⓫ 次世代省エネ5.6地域対応(北陸 地区)

次世代省エネ5.6地域対応(北陸 地区)

省エネ・断熱性の重要な目安となっている次世代省エネ基準。温暖な地域よりも厳しい北陸地区の基準にも対応しました。