安心の保証制度

住宅性能表示制度

新築住宅の基本的な性能を、工法、構造、施工者等にかかわらず、共通に客観的な基準により明らかにし、消費者が安心して住宅を取得できるようにするためのしくみです。

住宅の場合では、「地震に強い家」「省エネの家」など、その住宅の特徴が書かれていることがありますが、これらの性能は、ハウスメーカーや販売会社によって「強さ」や「省エネ」の定義が異なっていることが多く、比較が困難でした。

しかし、新築住宅の性能表示制度を使って建設された住宅であれば、住宅の性能が同じ基準で評価されているので、性能の比較が可能になります。

例えば注文住宅の場合、新築住宅の性能表示制度を使えば、「耐震等級は2」や「維持管理対策等級は2」などのように様々な性能を分かりやすい数値(等級)で指定することができるばかりではなく、指定どおりにできているかどうかを専門家がチェックしてくれます。