大野市陽明町 Kさま邸建方

5月12日は大野市陽明町にてKさま邸の建方が行われました。

当日は、営業部部長の宮と、設計部主任・デザイナーの田中と、

工事部課長・現場監督の西川と、

インテリアコーディネーターの桑嶋が建方に参加しました☆

お施主さまがお揃いになったところで、上棟式のスタートです:lol:

現場監督の西川、営業の宮のあいさつの後、全員で乾杯を。

その後、お施主さまに四隅をお清めしていただきました♪

上棟式を終えると建方が再開しました。

基礎と大引きの上に1階部分の柱を立ちあげ、

梁などを組み込んでいきます:roll:

作業が進み、2階の床下地材(24mm構造用合板)を張り、2階の柱を立てているところです。

束の上に母屋がかかりました。これから垂木を施工するところです:roll:

奥には水平剛性を高める為の鋼製火打ち材が見えます。

柱と柱の間に、外断熱耐震パネルを配置します。

結露が発生しにくく、長年にわたりカビによる腐食を防ぎます☆

建物を雨風から守るためブルーシートで覆い、屋根の防水をしていきます。

本日も事故なく、無事に建方が終了いたしました:lol:

互い違いの屋根が目を引くデザインですね♪

Kさま、建方にご参加いただきありがとうございました。

職人さん方もお疲れ様でした!

これからも良い縁を大切に、一棟一棟感謝の気持ちと心を込めて

お施主さまの住まいづくりをお手伝いさせて頂きます。

リョーエンホーム スタッフ・業者一同、

安全に工事を進めてまいります。

今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

↓ ↓ お問い合わせ先 ↓ ↓

TEL.0776-57-1500

↓ ↓ 資料請求はこちら ↓  ↓

http://www.ryoen.co.jp/request/

鯖江市舟津町 Yさま邸建方

5月25日は鯖江市舟津町にて、Yさま邸の建方でした。

営業部・設計デザイナーの遠藤と、工事部・現場監督の志尾と

インテリアコーディネーターの桑嶋が建方に参加しました☆

現場監督の志尾のあいさつの後、

営業の遠藤の乾杯で上棟式が始まりました:lol:

まずは建物の四隅を盛り塩とお神酒でお清めします。

お施主さまと奥さまにお願いしました♪

お清めが済むと建方が再開しました。

1階部分の柱が立ち上がり、2階の床梁を組んでいるところです。

屋根勾配を10寸勾配とし、この住まいのポイント

三角屋根となる部分の梁(登り梁)をナナメにかけていきます。

だんだんお家の形が見えてきましたね☆

そして職人さん方お楽しみの、お昼休憩TIMEへ♪

お施主さまからのご厚意により、お弁当をご用意して頂きました:oops:

午後からの建方も引き続き頑張ります!

ありがとうございました♪

お昼休憩が済むと工事が再開しました。

屋根垂木の流線美がとてもきれいです☆

屋根部分を内部から見たところです。

棟木や小屋束などをしっかりと金物で固定し、構造強度を確保しています:roll:

三角の部分が大変おもしもい空間です♪

屋根垂木の上に、野地板を一枚一枚止め、

最後に屋根の防水をしたら、建物の周囲をブルーシートで覆います。

本日も事故なく、無事に建方が終了いたしました:oops:

最後に全員揃って終礼です。現場監督の志尾のあいさつの後、

お施主さまより職人さん一人ひとりに手土産を頂きました。


Yさま、本当にありがとうございました。

職人さん方もお疲れ様でした!

こちらの住まいは、まるで絵本の中から飛び出してきたような

三角屋根が可愛い外観に、

家事楽動線を採用した 奥さまに嬉しいデザイナーズハウスです:lol:

これからも良い縁を大切に、一棟一棟感謝の気持ちと心を込めて

お施主さまの住まいづくりをお手伝いさせて頂きます。

リョーエンホーム スタッフ・業者一同、

安全に工事を進めてまいります。

今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

↓ ↓ お問い合わせ先 ↓ ↓

TEL.0776-57-1500

↓ ↓ 資料請求はこちら ↓  ↓

http://www.ryoen.co.jp/request/

福井市中ノ郷町 Kさま邸建方【重量鉄骨造】

5月19日は福井市中ノ郷町にて、Kさま邸[重量鉄骨造]の建方でした。

営業部部長の安間と、設計部課長・デザイナーの成実と、

工事部部長・現場監督の下田と、インテリア部コーディネーターの掃部が

建方に参加しました:lol:

お施主さまがお揃いになったところで、お施主さまのごあいさつと

現場監督 下田の朝礼で上棟式が始まりました☆

そして上棟式が済み、建方が始まりました。

Kさま邸は重量鉄骨造なので、このような鉄骨を使用していきます。

リョーエンホームでは柱はコラム鋼(角型鋼管)、梁などにH形鋼を使用しています。

H形鋼は断面がアルファベットのHに似た形状の鋼材で、引っ張り、曲げ、圧縮の

いずれの応力にもよく耐え、極めてバランスの良い鋼材です:roll:

柱と梁を完全に固定(剛接合)していきます。筋交いを不要としたラーメン構造です。

1階部分の柱が立ち上がり、2階部分の鉄骨を組んでいきます。

重量鉄骨は木材に比べ強度が高く、鉄筋コンクリートに比べ単位重量が軽いことから

柱のスパンが広く、柱の本数も少なくてすみます。

こちらは上部から吊るした重りで、

柱が垂直になっているかどうかチェックしているところです。

本日も事故なく、無事に建方が終了いたしました:-P

Kさま、建方にご参加いただきありがとうございました。

職人さん方もお疲れ様でした!

こちらのお住まいは、重量鉄骨造により

広々とした空間と明るさを叶える間取りが魅力のお住まいです。

これからも良い縁を大切に、一棟一棟感謝の気持ちと心を込めて

お施主さまの住まいづくりをお手伝いさせて頂きます。

リョーエンホーム スタッフ・業者一同、

安全に工事を進めてまいります。

今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

↓ ↓ お問い合わせ先 ↓ ↓

TEL.0776-57-1500

↓ ↓ 資料請求はこちら ↓  ↓

http://www.ryoen.co.jp/request/

越前市粟田部町 Yさま邸建方

5月19日は越前市粟田部町にて Yさま邸の建方でした:lol:

営業部部長の宮と、工事部・現場監督の志尾と、

インテリア部コーディネーターの掃部が建方に参加しました。

お施主さまがお揃いになったところで、上棟式がスタートしました♪

現場監督の志尾のあいさつの後

工事の安全やYさまのこれから益々のご繁栄ご発展を祈願し、

営業の宮の乾杯で上棟式が始まりました:lol:

お施主さまに四隅をお清めして頂きました。

沢山の人達に愛される住まいになるようにと、願いを込めて☆

上棟式を終えると建方が再開しました。

1階の柱を立て、梁をクレーンで運んでいます。

リョーエンホームの土台部分は桧(ヒノキ)を使っており、

材木には木の1.5倍の強さを持つ集成材を使用していますので、地震に強いです。

テントの中では、お施主さまと奥さま、奥さまの妹さんが

コーディネーターの掃部と、内装やサッシの打合せをしています。

作業が一段落ついた所でお昼休憩に入ります。

お施主さまのご好意により、お弁当をご用意して頂きました^^

午後からも引き続き頑張ります!ありがとうございました:lol:

お昼休憩が済むと建方が再開しました。

1階の母屋に掛ける屋根垂木をすえていきます。

奥に繋がる もう一つの家の方も、順調に工事が進んでいます。

こちらは屋根部分です。屋根下地材を貼り終えたところです。

中央に見えるのが、プライベートな中庭となる部分です:roll:

建物を雨風から守るためブルーシートで覆い、屋根の防水をしていきます。

本日も事故なく、無事に建方が終了いたしました☆

最後に全員揃って終礼をします。

現場監督の志尾のあいさつで、締めさせて頂きました。

お施主さまに、職人さん達へお土産とお祝儀を頂きました:oops:

お気遣い頂きありがとうございました。

Yさま、建方にご参加いただきありがとうございました。

職人さん方もお疲れ様でした!

こちらは、店舗兼住宅のお住まいで、今立で美容室をOPENされるご予定です。

完成がとても楽しみですね☆

これからも良い縁を大切に、一棟一棟感謝の気持ちと心を込めて

お施主さまの住まいづくりをお手伝いさせて頂きます:lol:

リョーエンホーム スタッフ・業者一同、

安全に工事を進めてまいります。

今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

↓ ↓ お問い合わせ先 ↓ ↓

TEL.0776-57-1500

↓ ↓ 資料請求はこちら ↓  ↓

http://www.ryoen.co.jp/request/

リョーエン社員研修☆

先日はリョーエンホーム本社にて

恒例となっている社員研修が行われました☆

今日は、主に測量機器の使用法、現地チェックするポイント、注意点等を

営業・設計チームの皆で聞きました。

□」

測量とは、建物を新築する際に以下のことを決定する為のものです。

●土地の高低差

●真北の調査

●擁壁(ようへき)の有無

●外構のプラン

●塀の高さ

●階段のプラン

工事部部長の下田が測量機器の使用方法を教えました。

機器を使って目視でレベル(高さ)の計測をします。

まずは2名1組で測る方法です。

機器の水平器の気泡を中心に来るようにして、水平ラインを保って計測します。

土地のレベルを測ることによって、道路に対して敷地が傾斜状になっている場合に

GL(グランドライン)をどうするか決めることができます。

こちらは設計部 新人の齊藤です。

とってもフレッシュですね(*^_^*)

今度は機器を交換します。

こちらはレーザー方式ですので、1名で測る場合はこちらを使用します。

以上、社員研修でした^^

これからもお客様の為に、日々努力と勉強を惜しまず頑張りたいと思います。

新築に関する事、不動産に関する事 何でもご相談下さい。

リョーエンホームスタッフ一同、お待ちしておりますm(__)m

↓ ↓ お問い合わせ先 ↓ ↓

TEL.0776-57-1500

↓ ↓ 資料請求はこちら ↓  ↓

http://www.ryoen.co.jp/request/